山海庭(さんかいてい)

アクセスカウンタ

zoom RSS 二つの【雁ヶ腹摺】を登る 【岩殿山〜雁ヶ腹摺山〜黒岳〜笹子雁ヶ腹摺山】≪前編≫

<<   作成日時 : 2017/02/21 00:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

※【岩殿山】とタイトルに書いてますが、位置特定の為に書いてます。【岩殿山】手前にて【稚児落とし】にルートをとっています。



この時期、まだ未踏の山でさらに一泊したいと思い、地図を広げました。
3つほど候補が上がりましたが、その中の一つ【雁ヶ腹摺山】が良さそうです。
さらに厳冬期のルートを満喫するのに、多少なりとも手応えを感じる必要がある為、もう一つの【腹摺山】を繋いでみよう。
さらに、2015年に歩いた【笹子峠】まで繋いでしまおうと。
これで企画は成立です♪
今回はなるべく装備を軽くするために一週間前から装備を見直しました。
それでも17.5kg。う〜ん・・・
画像


いつもの駐車場に駐車。

【岩殿山登山口】をスタート
画像


【大月駅】越しの【富士山】
この時点ではまだキレイに富士も見えていました
画像


今回は【岩殿山頂】へは行かず【稚児落とし】方面へ
画像


この場所、以前テレビで放送されていて、それを見て以来ずっと行きたい場所でした。

今回の登山は送電線で始まり、送電線で終わると言ってもイイくらい出会います
画像


通称【鎖場】 岩壁をトラバース
画像


噂の【稚児落とし】に到着
画像


現地に来ると・・・高度感スゴイですね。

【稚児落とし】
先ほどの反対側から
画像


しばらく写真撮影をして時間が過ぎていきました。

【トズラ峠】へ
画像


【高ノ丸】通過

木が伐採されている場所を過ぎると

【セーメーバン】に到着
以前から気になっていた名前でした
画像


ここから道は北西へ稜線を向かいます

真新しい熊の爪痕を発見っ
画像


【大垈山】を過ぎ、二重稜線の道を進む

ようやくココで目指す【雁ヶ腹摺山】の文字が
画像


んっ?どうやら先行者が居るようだ
画像


ガードレールのある林道へ降って来た。ここが【百間干場】みたいだ
画像


周辺の沢の水がキレイです

ガタガタの林道で休憩して、ここから尾根へ取り付く
画像


結構急です
画像


林道に出た。右へ行けば【姥子山】へ
画像


今回は前方にある階段を登っていく

休憩していると・・・おや?逃げませんネ。
スズメと同じくらいの大きさ『コガラ』です
画像


先行者のトレースはまだ続く。1700m辺りから雪も残っていて
画像


【雁ヶ腹摺山】到着
画像


ここは旧500円札の絵にも使われた景観の場所
画像


正面に聳える雲が覆う【黒岳】を目指します
画像


下りは枯葉&土の道と雪&アイスバーンの道でもっとも使いやすい『チェーンスパイク』は家の引き出しの中。
『軽アイゼン』を使うまでもないとゆっくりと下山。この土も曲者で、融けた雪跡は乗るとツルっと地崩れのごとく滑って行き、斜面へと落ちそうになります。
画像


滑りにくい残雪を選んで踏み、降って【大峠】に到着
画像


結構疲れた・・・の図
画像


さあ、【黒岳】へ向けて400m登り返します
画像


【赤岩ノ丸】通過

稜線手前の所から膝下〜膝ほどのラッセルになり、疲れた身体に追い打ちをかけます。
画像


ようやく【大菩薩連嶺】稜線に出ると、ここからはトレースがしっかりと着いていました。
画像


今回のルート最高峰【黒岳】に着く
画像


時間も時間なんでどんどん降りましょ
画像


zenithの好きな【白谷ノ丸】
あれっ【茶臼岳】となっている?
画像


曇っているが雲間からもれる光が幻想的だ
画像


日没間際で【湯ノ沢峠避難小屋】に到着
画像


まずは水を採りに2分ほど降る
画像


この避難小屋。
無人の小屋としては全国的にも珍しい電気が通った小屋で、ブレーカONで部屋が明るく♪快適な小屋でした。
画像


本日は一人。夜も更けていく・・・
画像





>>>後編へ>>>





標高2000m近い場所は積雪多し。そんな疲れを小屋が和らげてくれた。ポチっとお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

gogo.gs

お気に入り

二つの【雁ヶ腹摺】を登る 【岩殿山〜雁ヶ腹摺山〜黒岳〜笹子雁ヶ腹摺山】≪前編≫ 山海庭(さんかいてい)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる