山海庭(さんかいてい)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【八ヶ岳】氷点下烈風の稜線 降った先には天国が…【天狗岳】周回

<<   作成日時 : 2018/01/01 12:02   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0


今年納の登山は、毎年一緒に登っているAKSさんたちと。
今回も【八ヶ岳】で場所は【天狗岳】。
毎年雪山を楽しんでいます。
年末はゆるく登山をする予定でしたが、結果的には緊張感がある登山に・・・。

7時過ぎに【唐沢鉱泉】Pに到着。
車は10数台ほどでした。

気温は-12℃

登山届を出して出発です。
画像


始めはトレース上で爪先ほどの深さですが・・・
画像


雪はどんどん深くなっていく
画像


『西尾根』に乗り、樹林帯をしばらく歩くとようやく景色が見えるような場所に
眺望が良いね♪

まずは【南八ヶ岳】方面が一望
画像


【南アルプス】北部の山々
画像


【西天狗岳〜根石岳〜箕冠山】
画像


左から【蓼科山〜北横岳〜縞枯山】
画像


【北ア 常念岳】 手前がドームが印象的な【霧ヶ峰 車山】
画像


そしてようやく目の前に目指す【西天狗】が大きく
画像


大分登ってきました
画像


あと少しという所で空がだんだんと灰色に・・・
画像


双耳峰【天狗岳】のまずは【西天狗】に到着
画像


ここから風が強くなります
山頂には10人ほどの登山者が。
でも、この時期だから空いてるかな。


すぐに隣の【西天狗】へ向かう
画像


【東天狗】に到着
この時点でかなりの暴風です。三脚を立てるのも困難な状況だったので、友人に撮ってもらい下山方面へ向かう。
画像


この時点で温度計は・・・寒っ!
画像


【根石岳】へ向かう
画像


さらに稜線歩きは暴風で身体が振られ歩き辛い
目の前には【硫黄岳】の爆裂火口が大きく見える
画像


そして問題の場所がココ
【根石岳】への登りがホントに烈風吹き荒れ大変でした。
画像


ここで親指の感覚がなくなり触ると固まってます。
一生懸命に擦ったりしながら、動かすよう努力します

とりあえず【根石岳】通過
画像


【根石岳山荘】へ逃げ込む
画像


ココアやコーヒーを頂き凍えた身体を温める事が出来、この小屋の重要度とありがたみが分かりました。
また、スタッフさんも対応が非常に良いのが印象的でした。
三人共に復活して再度出発。
画像


あの烈風吹き荒れる状況なら、前日に【根石岳】周辺で二人の方が命を落としたのもうなづける。
しかし、外に出ればまたあの真っすぐに歩けないような所を歩かなければ・・・
満を持して外へ向かう
画像


このエリア辺りで前日に倒れていたのか・・・
あと少し降れ、樹林帯に入れていれば命を落とすことは無かったのではと・・・
亡くなった方のご冥福を祈る 

【箕冠山】の樹林帯に入ると先ほどの風は嘘のようになくなった
画像


画像


後は深い雪道を降っていく
画像


途中の【オーレン小屋】は閉まってました
画像


お宿へ向かいましょう
画像


途中の沢で『フロストフラワー』を発見っ!
画像


一定の条件下でなければ見ることが出来ない

そして本日のお宿 秘湯【夏沢鉱泉】に到着。
画像


受付を済ませ、すぐに秘湯【夏沢鉱泉】でゆったり温まりました
まさに地獄から天国です (^ ^♪
画像


ちょうどまだ空いていて三人で貸し切りでした
浴槽は三人が同時に入っても窮屈ではなく広々。

今回の宿泊は昨年同様で小部屋を取っていただいた。AKSさんありがと
画像


食事まであと一時間
風呂上がりにはやはりアルコールが良いですね。夕食前の軽く乾杯をしました。
画像



夕食もガッツリ。
しし鍋や唐揚げ、サバの味噌煮などボリューム有りです
画像


食後のデザート 洋梨シャーベットは絶品でした
画像


車が通ってるので物資は充実♪

寝る時には『湯たんぽ』を貸してもらえ、夜は暖か…
『湯たんぽ』っていつ以来だろう?
画像


ゆっくり休みましたzzz







翌朝は小屋前から北アのモルゲンロートを眺めることが出来ました。
画像


良い場所に建ってますネ

ザックを【桜平】まで運んで頂けるサービスがあり、空身で下山。
画像


また、待ち合わせの【桜平】まで歩き、そこからは【山の神(唐沢鉱泉分岐)】まで1トン車で送って頂いた。
画像


この【山の神】入口付近はアイスバーンがすごく路面がテカテカしてたので注意が必要です。
画像


もう少し積もってればこのガンタンクに乗れたのに・・・
画像


駐車場まで3.5kmの道のりを歩く
画像


チェーンスパイクあると楽でしょう

振り返ると北アルプスがよく見える
【乗鞍岳】
画像


噴煙が上がってなかった 活火山【御嶽山】
画像


そして駐車場到着。
車はさすがに満車でした
画像


【唐沢鉱泉】へGO!!!
画像


画像


【夏沢鉱泉】で登山の疲れと汗を流し、【唐沢鉱泉】で登山納めも出来、鉱泉から鉱泉を繋いだこのルート。
意外に知らなかったので、なかなか楽しめました。
AKSさん、Tさんには感謝です♪ありがとうっ

帰りの道路から【八ヶ岳】全山を横一列で展望してきました
画像


やっぱ良いね、山って(^ ^♪





RESULT 2017年12月29日〜30日

【天狗岳】(2646m)
【根石岳】(2603m) 長野県 登山人数:三人 天候:一日目快晴のち曇 二日目快晴 一泊

備考
駐車場:【唐沢鉱泉】前駐車場 約20台ほど
トイレ:【唐沢鉱泉】P(冬期用の簡易トイレ)、【根石岳山荘】、【オーレン小屋(冬期未確認)】、【夏沢鉱泉】






無事2017年の登山を納められました。2018年もいっぱい歩きます。ポチっとお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

gogo.gs

お気に入り

【八ヶ岳】氷点下烈風の稜線 降った先には天国が…【天狗岳】周回 山海庭(さんかいてい)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる