山海庭(さんかいてい)

アクセスカウンタ

zoom RSS 標高差1900m 積雪厳冬の 南ア白峰南嶺【笹山(黒河内岳)】を登る

<<   作成日時 : 2018/01/14 15:18   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 2

zenithにとっては雪山へ行くことは特別なイベント。
スタッドレスタイヤが無いので行ける山は限定的です。
しかし、以前から目を付けていた山がありました。
南アルプス 白峰南嶺にある【笹山】です。
別名【黒河内岳(2733m)】

2013年に【笊ヶ岳】から縦走した際初めて登り、その後夏に【奈良田】から日帰りで登りました。
その際に思ったのが
「この山は標高830mの奈良田までアプローチさえ出来てしまえば、自分の実力次第では『ダイレクト尾根』から日帰り出来るのでは?」
今までは積雪期で標高が高く登れる山は【甲武信ヶ岳(2475m)】、【八ヶ岳 権現岳(2712m)】まででした。
また条件が合えば同じく南アルプス【鳳凰山(2840m)】も。
いずれもzenithにとっては大好きで大事な山ですが、今回この【笹山】が登れれば、そのリストに新たに一座加えることが出来ます。

今回はその【笹山】が果たして単独登山で雪山として登ることが出来るかのいわば『見定めの登山』となります。

年も明け、先日登った【安倍奥】エリアから見ても南アルプスは真っ白。
今回は装備に『スノーシュー』を担いでの日帰り山行です。



am5:20
到着が少し遅くなってしまったが、【奈良田】の吊り橋前の駐車スペースに到着。
この時間でも誰も来てないのはやはりあまり人気が無いからかな・・・。
今回の装備
『スノーシュー』はマストでしょうね
画像


【奈良田吊り橋】を渡ってスタート
画像


所々で【笹山】の指導標はあり
画像


1300m辺りまでは枯葉が覆う登山道
画像


そこからは枯葉の上に雪が混じり

その先辺りから雪が出て来た
画像


標高1500m位からは普通の雪道となる。
早朝クラストしてて歩きやすくなるので、早めに『12本アイゼン』を装着。

【水場入口(1603m)】通過
画像


今回の山はほとんどが樹林帯の急登を登り続ける
画像


標高2000mで脛辺り
画像


標高2200m越えた辺りで膝下辺り
画像


ダイレクト尾根 北側の眺望
画像


アップで【鳳凰三山】
画像


良い具合で白くなってきました
次回行くのが楽しみです♪

アップで真っ白な【北岳】
画像


そしてついに雪は股下に
画像


ひえ〜っ!
まだまだ続くフカフカの急登の雪道
画像


ようやく【2256m】標高点
画像


スタートから4時間20分です

ここまでは予定通り進んでます。
が、この積雪量からはおそらくは遅延していくと思うので、その覚悟で臨みます。

ここからはzenithとして『スノーシュー』を付けなくては太刀打ち出来そうもないようだ
画像


さあ、ここからは『スノーシュー』の実力をとくとご覧あれっ!
画像


こんなモフモフの雪でも・・・
画像


わはは 沈まぬぞ〜
画像


ぬぉっ!
それでも膝まで沈む所もしばしば・・・
画像


青空に純白の雪が美しい♪
画像


途中、【悪沢岳】と【丸山】もよく見えた
画像


この上に積もった雪を落としながら進むのが結構時間が掛かりました (;^ω^)
画像


でもこの景色を見せられたら、何も言えない
画像


そして目の前に目指す【笹山南峰】が
画像


【悪沢岳】の左の方に見える白い山は【上河内岳】ですね
画像


ノートレースの尾根で最近は誰も歩いていないようだ。
先行者にキツネが歩いてはいるようだが・・・(笑)
画像


ようやく【富士山】の景色を見ることができた♪
画像


山頂付近は風が強いので『シュカブラ(風雪紋)』も
画像



【笹山南峰】山頂に着いた
画像


残念ながら西から灰色の雲が覆い、【塩見岳】方面は見えなかった。

では【北峰】にも向かいます
画像


風が強い〜ぃ
画像


【笹山北峰】
口元覆わないと居られない
画像


この日山頂は-17℃で風もかなり強い
体感は-30℃か・・・
画像


【南峰】に戻るよ〜
画像


さあ下山します
東側は雲がかからず景色が良い
画像


帰りは下りなので楽々♪
画像


少し降った所で本日初 二人組登山者とすれ違った
画像


【北岳】まで縦走するとか
頑張ってっ!!!

唯一の問題が斜度がキツイので、スノーシューだと雪が柔らかくスキーのように止まらなくなる事
画像


おっ、ここにも登山者がっ
場所はちょうど【2256m】標高地点の平らな場所
画像


テントの入口が開いて女性が顔を出した。
中にはもう一人居るようで、明日【笹山】までピストンするとの事。

結局本日は2パーティが歩いて来たので雪も踏まれてるので『スノーシュー』を外した
画像


登山口到着
画像


そして橋を渡ったら楽しかった雪の【笹山】も終了です
楽しかった〜♪
画像




これで2500mクラスの標高の雪山リストにまた新たな一座が加わりました♪
ただし1月中旬までの期間限定かな。それ以上は積雪が多すぎて単独では無理でしょうね(;^ω^)

2700mという標高の雪山を楽しむことが出来、最高の一日を満喫する事が出来ました♪





下山後は【西山温泉 湯島の湯】で入浴
画像



この温泉に入る方へのアドバイス・・・

この時期は洗い場が隙間風がかなり通る為、震えながらの洗髪でした。
すぐに湯に入ることをお勧めしますが、この湯もかなり温いです。

源水名:西山温泉 湯島の湯
湯:ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
低張性-アルカリ性・高温泉
源泉:42.3℃
水素イオン濃度pH:9.7
アメニティ:ボディソープ、リンスインシャンプー、入口に鍵付金庫あり、ドライヤー×1、体重計、扇風機、石油ヒーター
洗い場:シャワー無し(注意)
露天風呂:有り 約8人
サウナ:なし
家族風呂:なし
日帰り湯/¥550
営業時間:〜18:00












RESULT 2018年1月13日

【笹山(黒河内岳)】(2733m) 山梨県 登山人数:一人 天候:快晴のち曇 日帰り

【奈良田吊橋】(5:47)-【笹山登山口】(5:58)-【水場入口】(7:44)-【2256m標高点】(10:04〜10:12)-【笹山 南峰】(12:56〜13:06)-【笹山 北峰】(13:17〜13:26)-【南峰】(13:35)-【2256m標高点】(14:51)-【笹山登山口】(16:13)-【奈良田吊橋】(16:21)


備考
駐車場:【奈良田吊橋】前駐車スペース 約20台ほど
トイレ:【奈良田バス停】にあり(キレイ)









新たな雪山をリストに加えられました。ポチっとお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
遅ればせながら❗明けましておめでとうございます❗
超久しぶりのコメントになってしまいました❗
相変わらず元気に山行してますね❗
羨ましいかぎりです、今年もイカした山行日記ちょくちょくのぞかせていただきます❗
こちらも頑張って山をやってマスが?
何故に山行時に限り?爆弾低気圧の洗礼を浴びまくり😭⤵⤵です😭⤵⤵
満足する山行が昨年はありませんでした❗
今年は何処にターゲットを絞るか毎夜酒盛りしながらヨダレ垂らしてニタニタしながら計画をしてます❗
お互いに旨い酒決めて素晴らしい登山しましょう❗
いつもイカしたブログ有り難うです❗
PTA会長
2018/01/15 19:24
会長
明けましておめでとうございます♪
お久しぶりですっ
そちらは天候合わずですか。そうゆう時もありますよねぇ。
ワタシも事前計画を立ててる時はやはり楽しいです。
今回は『見定めの登山』としてチャレンジしましたが、見事に山頂に立てました。
また、いつでも覗きに来てくださいネ。
本年もよろしくお願いします
ZENITH
2018/01/16 06:59

コメントする help

ニックネーム
本 文

gogo.gs

お気に入り

標高差1900m 積雪厳冬の 南ア白峰南嶺【笹山(黒河内岳)】を登る 山海庭(さんかいてい)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる