山海庭(さんかいてい)

アクセスカウンタ

zoom RSS 厳冬期 奥秩父で戯れる 【甲武信ヶ岳〜破風山〜雁坂嶺〜雁坂峠】周回

<<   作成日時 : 2018/02/14 01:10   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は厳冬期の奥秩父【甲武信ヶ岳】に登ってきました。
特に今回のメインは、友人と登る為の偵察登山でした。
ただ、【甲武信ヶ岳】のピストンだけだと連休がもったいないと思ったので、一泊で【甲武信ヶ岳〜破風山〜雁坂峠】を周回をすることに。

積雪具合が分からない状態でしたが、降雪した日から時間が経っていたので、中央道【勝沼IC】下車。
最悪、近場の低山とかも調べてましたが・・・その心配は必要なかったみたいです。
国140を北へ向かう。
標高800mを過ぎた辺りから路面にシャーベット状の雪がチラホラ。
そして【広瀬湖】近くで路面にシッカリと雪が積もってきました。
しかし、スピードは緩めず一気に上ります。

無事、最初の関門を突破。【道の駅みとみ】に到着。

駐車場は一面 白色でした。
周辺の車はエンジンをかけ休んでいるようだ。
こちらは用意をして出発します。
今日は『スノーシュー』を担ぐので、17kgでスタート。
画像


歩道は沢山の雪があり歩き辛いので、道路を歩く。
画像


画像


【徳ちゃん新道】から入山
気温は3℃と高い
画像


しばらくは積雪0〜10cm位
画像


時折、地面の雪と一緒に枯葉がめくれ、登山靴に張り付く。

雲が覆う 靄った空に太陽が昇る
画像


周辺を覆っていたガスから突然【鶏冠山】現るっ!
画像


道は登山者が多い為、轍のように踏み跡がしっかり残っている。

【近丸新道】との分岐まで登って来た
積雪はやはり少なめか・・・
画像


『シャクナゲ』の回廊
画像


標高 2300m辺りから雪が多くなる
画像


いつもの【展望台】より
左【富士】と右【黒金山】
画像


途中青空に『霧氷』が彩を添えていた。
画像


積雪は70cm位か・・・、しかしトレースで掘れている
画像


【木賊山】に到着
画像


今年は山名も全て見えてて、あまり積雪してません

降った先のいつもの撮影スポット
画像


晴れた気持ちの良い景色♪

【甲武信ヶ岳】山頂
通算18回目の山頂だ
画像


中央左に【白峰三山】と右に【金峰山】
画像


【甲武信小屋】に寄ってみた
画像


小屋からは巻道を使って【破風山】方面へ向かう
画像


ココからは踏み跡が少ないので『スノーシュー』に履き替えた
画像


ようやく積雪の奥秩父を楽しめそうだ♪
画像


そして本日のお宿に到着
画像


本日一番乗りでした
懐かしの『ダルマストーブ』に火を入れますが・・・
画像


30分かかってもまだ火が点かず・・・

そして、本日二人目の宿泊者が来た。

ひたすら着火に奔走するzenith
そして・・・部屋の中にあった布の切れ端を発見っ!
そしてライターで火を点けると・・・
画像


一時間半かけ、ようやく火が点いた

しばらくして今度は三人組のパーティが到着。
その方達と話してると「着火剤もってるよ」と・・・・

さて、時間が刻々と過ぎ、外も陽が暮れようとしています。
写真を撮りに行った方が「良い感じになってきたね」と。

外へ出ると・・・「おぉ〜」
画像


この小屋、良い場所に建ってますね

【避難小屋】はこの日、8人の宿泊者で埋まった。

食事を済ませ持ってきたスキットルからチビチビ呷る。
喉に温かい衝撃が走ります
画像


中身が無くなった所で20時を周った。
さて、寝ますかzzz


«翌日»
目が覚めると顔が冷たい・・・
ヘッデンを点け、ザックに着けた温度計を見る・・・
画像


予想からかなりズレた気温の中での睡眠をしてました
しかしこの人数がいたから、翌朝の室温は −15℃で済んだのかもしれない。
この時zenithの小屋泊最低気温を更新した。



朝から風が強く、小屋外ではビュンビュンと風の音が響きます。
小屋の中でそれぞれの食事や出発準備を進める

そんな中、zenithが一番最初に出発。
同じ時間を過ごした方々に挨拶をして小屋を後にした。
画像


この日は【西破風山〜東破風山〜雁坂嶺〜雁坂峠】までを無事繋ぐ。

昨日見れた【富士】の姿はそこには見えず、さらに強風がハードシェルに吹き突け身体を揺らす。
画像


昨日と違い早速ナカナカの積雪です
画像


本日は時間もいっぱいあるし、行けるとこまで『12本アイゼン』で進む

まずは一時間ほどで【西破風山】に到着
画像


風も強いが、昨日と違いトレースが消えていて歩き辛くなっていた。
しかし、これこそ求めていた積雪登山でした。
画像


麓の【広瀬湖】は完全に凍っている
画像


ゆっくりだが、確実に前進していく
画像


【東破風山】通過
画像


【東破風山】からの降りがナカナカでした
画像


右手に目指す【雁坂嶺】が見える
画像


歩きながらふと地面を見ると・・・
笹に出来た『フロストフラワー』って珍しくないですか?
画像


なかなか前に進めずしんどい…
画像


楽しめて進むのだが、風がとにかく強い。
フラっとよろめく事多数。

そしてようやくこんもりした【雁坂嶺】山頂に到着♪
画像


30分ほど降ると日本三大峠の【雁坂峠】到着
画像


予定より一時間ほど遅かったが。

懸念していた【雁坂峠】からの下山は、すでに本日歩いている人がいるのか、踏み跡がしっかりとあった。
画像


笹原の下りには雪が若干ある様に見えたが、それはアイスバーンの状態が多く、アイゼンは必須でした。


真っ白い沢沿いを進む
画像


林道終点の【沓切沢橋】に到着
画像


結局【沓切沢橋】の先の林道まで『12本アイゼン』は外さず歩きました。

ゴールの【道の駅みとみ】到着
画像


二日目にすれ違ったのは二人。
強風の肌寒い下山となりました。


完全に凍っている【広瀬湖】と【木賊山】
画像






RESULT 2018年2月11〜12日

【甲武信ヶ岳】(2475m) 山梨県/埼玉県/長野県
【木賊山】(2469m) 山梨県/埼玉県
【西破風山】(2318m) 山梨県/埼玉県
【雁坂嶺】(2289m) 山梨県/埼玉県 登山人数:一人 天候:一日目晴れ 二日目:曇のち晴

«一日目»
【道の駅みとみ】(6:07)-【徳ちゃん新道入口】(6:47)-【近丸新道分岐】(8:48)-【木賊山】(11:02)-【甲武信ヶ岳】(11:29〜11:37)-【甲武信小屋】(11:46)-【破風山避難小屋】(13:31)

«二日目»
【破風山避難小屋】(6:21)-【西破風山】(7:14〜7:23)-【雁坂嶺】(7:54)-【雁坂峠】(9:44)-【沓切沢橋】(11:19)-【道の駅みとみ】(12:20)


備考
駐車場:【道の駅みとみ】
トイレ:【【道の駅みとみ】、【西沢山荘】







偵察も無事終了。甲武信の雪はやや不満。ピチっとお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

gogo.gs

お気に入り

厳冬期 奥秩父で戯れる 【甲武信ヶ岳〜破風山〜雁坂嶺〜雁坂峠】周回 山海庭(さんかいてい)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる