山海庭(さんかいてい)

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018GW 一時吹雪のマイナー12名山へ  会津【丸山岳】 ≪前編≫

<<   作成日時 : 2018/05/13 21:27   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



今年のGWは長期休暇で9日間。
コレを利用して本当は山形県の山をやる予定でしたが、この暑さの為、雪が解けている可能性が高かった為、この会津の【丸山岳】をやることに。

当初の計画では2泊3日の予定でしたが、出発前日の予報で5日の日は風速20m以上の強風が吹き続けるとか。
そんな状況だと5日は稜線テントでステイになるかもしれないので、あえて初日のうちに【丸山岳】まで行くことに決めていた。するとアタックザックが非常に役に立ちますね。
天気予報では5日の夕方には天気が良くなるとの事。
予定を変更して1泊2日にして、5日の日に下山。あるいは2泊3日で5日が本当に強風吹き荒れるならそのままステイして、6日に下山。
何にしても、一日目でテントを背負い、そしてデポしたとしても【丸山岳】までの往復が果たして可能なのか?

今回の登山はこの2つの選択肢に絞られた。


5月4日(金)

AM2:30 起床
ここは【道の駅 尾瀬檜枝岐】
やや風は吹いていて、草木が揺れていた。

車内で食事を済ませ、ハミガキをしにトイレへ。

車を走らせて駐車場のある【小豆温泉スノーシェッド】に。
車は昨日泊まっていたコンパクトカー 一台がそのまま止まっていた。

出発準備をしていざ登山口へ。
画像


昨日、確認に来た【窓明山登山口】
画像


この倒木の皮が剥がれた場所が取り付き場所
画像


いきなりの急登です
画像


とりあえず背中には18kg以上が乗っているので、マイペース、マイペースで・・・

まずは【巽沢山】
画像


この時点でかなり暑いのでTシャツになった。

この後、雪はチラホラある程度
画像


上部はシッカリとあるみたいでまずは安心した♪
画像


北アでも咲いてましたが、こちら会津でも沢山咲いてました
『イワウチワ』
画像


1300mを超えるとようやく纏まって出て来た
画像


【家向山】への分岐は一面雪
画像


陽射しも強いです

開けた場所から 左に【三ッ岩岳】 右に目指す【窓明山】
画像


1680m辺りからzenithは12本アイゼンを着けました
画像


【窓明山】山頂手前でこの景色に・・・残念
画像


まずは【窓明山】到着
画像


探しましたが山頂標識は見当たらなかった
なので、今後もGPSを証拠写真とします

ココから先はバリエーションルートとなります
画像


雪はシッカリとあるが視界が利かない
画像


そして雪も降りだして来た

樹林の斜面を越えた先で三人パーティが立っていました。
どうやら、昨日登山口で会ったパーティのようだ。
この先どうするか聞くと進むのを迷っているようだ。
zenithは今日を入れて四日間の登山日数があった為、どちらにしても進みます。
挨拶して出発。

そして【坪入山】到着
画像


山頂標識はあったのだが、字は読み取れず・・・
証拠写真も撮影

ここからは西へ進路を取ります。
山頂標識のあった木々の中へ突っ込みます
そこからは結構な降りになります

そこからは細いリッジを歩いたり
画像


とにかく視界が利かずGPS頼みで進む
【坪入山】奥の1764mピークの次のピークのトラバースの最中・・・
画像



12本アイゼンのキックステップが雪を崩して・・・・・
・・・・・・・落ちた・・・・・・


身体は重いザックのせいで一回転半。
止まった場所は『ネマガリタケ』が密生する場所。
すぐに立ち上がり周りを見回す。
GPSがワイヤーで繋がってプラプラとなっていた。
そして胸のカメラは・・・・・・・無かった・・・
ザックを下ろしてすぐに辺りを探す。
10mほど『ネマガリタケ』を掴みながら降って周りを見渡すが見つからない・・・。
先の斜面はさらに急斜でその先へ落ちたかっ!

仕方なく登って行きながら今度はネマガリタケの中を探しながら登って行くと・・・
「あったーーーーっ!!!」

黒いボディは泥だらけではあったが見つかった。
ザックからきれいなタオルを取り出し、シッカリと拭き、恐る恐るパワーをON。
レンズが出てきてそのレンズには泥は付いてなかった。
「ふぅ〜〜〜」
ひとまず安心。ここで少し休憩をとって、冷静になった。
GPSを確認するとこの先はかなりの斜度。
画像


ネマガリタケで止まらなかったら自分自身がヤバかった。
ヤブを嫌って南斜面へ来てしまったのがいけなかった。

さてここから西へトラバースが続く。
この先も結構なイヤラシイ場所を越えなくてはならない
画像


雪がやや強くなってきて、進むべき道は視界からは読めずGPSに頼る
画像


こんなに前進する事が困難なのは初めての経験だ。

GPS通りだとこの先登った辺りが【高幽山】のはずだ。
平坦な場所が見つかったのでここにテントを張る事にした。
画像


中に入って時間を確認。AM11:10

少し予定を押しているがほぼ時間通りに来れているようだ。
よしっ!
今日中に【丸山岳】を狙うっ!!!
ザックを開きアタックザックを取り出す。

予定では11:20にテン場出発だったが、11:45に出発

10分ほどで【高幽山】到着
画像


しまいには吹雪いてきてホワイトアウトになる
画像


前進を止めてしばらく藪に身を寄せる。

少して風が弱まったので進む。

1時間かかってようやく【梵天岳】の頂きに
画像


相変わらず吹雪は弱まらない。しかし【丸山岳】はこのすぐ向かいにあるはず。

東へ進路をとって【1729mピーク】から北へと向かう。

ここで一転 ホワイトアウトから脱出した
画像


アリャまた覆っちゃった・・・
画像


しかし、さっきよりは視界が全然利く。これなら行けると確信っ!

GPSを確認。
【丸山岳】までもう少しのハズっ!
画像


よっしゃーーーーっ!
ついに【丸山岳】の山頂に立ったっ!
画像


山頂は雪のせいかただただ丸い山頂だった

相変わらず吹雪いてるのですぐさま退散
画像


【1697mピーク】辺りまで来ると急に吹雪が治まった
画像


こんな景色だったのね?
【丸山岳】とzenith

視界が利くってこんなにも大切で素晴らしい事だったんですねぇ

この回復は何なのさ?
中央奥に尾瀬の【燧ヶ岳】もシッカリと見える
画像


今までのは一体何?
超快晴になってしまいました
画像


ヤバイ この景色 涙が出そう・・・
画像


あー暑くなってきた。ハードシェルを脱ぎ前へ進む
せっかくなので【梵天岳】へ再訪する
画像


【梵天岳】山頂からの【丸山岳】
画像


前方に一張のテントが。
【窓明山】の降った所で会った三人パーティのだろうか?
画像


熊鈴を付けていたからテントから三人が顔を覘かせた。
3「丸山岳まで行ってきたんですか?」
Z「ハイ。明日は風が強いらしいから・・・」

ビックリされてました

挨拶していざテントを目指す

PM 17:34
6時間ぶりに基地へ戻った・・・今日1日の行動時間は13時間
もうクタクタ・・・

テントに戻ってもまずはコレをやらないとネ
画像





>>>後編へ>>>




なかなかハードな1日でした。明日へ向けてポチっとして頂ければ嬉しいです↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

gogo.gs

お気に入り

2018GW 一時吹雪のマイナー12名山へ  会津【丸山岳】 ≪前編≫ 山海庭(さんかいてい)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる