北東北4days 【八幡平~大深岳~岩手山~大白森~乳頭山~秋田駒】全縦走《三日目》

>>>二日目から>>>




『三日目』です

本日行程が長いので早めの起床。
画像


4時前には出発。

しかし、ここでトラブル。GPSの異常に気付く。
一旦電池を抜いたりしてリセット。
何とか無事に地図データが表示された。

【小畚山】へ向かいつつ左手を見ると、雲の上に【秋田駒~笊森山】が
画像


辺りは徐々に紅葉も進んでいるようだ
画像


5:24
朝焼けの【小畚山】
画像


【岩手山】越しに太陽が降り注ぐ
画像


【小畚山】通過
画像


ついに核心部の【八瀬森分岐】に到着。
その前に休憩を入れる
画像


では出発。さて・・・
画像


胸辺りか・・・
画像


抜けた先は広い湿原でした
画像


湿原からは【秋田駒~乳頭山~笊森山】がよく見える
画像


そしてまた藪へと・・・

背丈を超える藪エリアも
画像


正面に見えるは【葛根田大白森】だろう
画像


とにかく『シラビソ』などの倒木が多い
画像


笹の無い開放的な場所ではしっかりと休憩
画像


ようやく最初のピーク?【関東森】
画像


踏まれた登山道を進み再び湿原に出る
画像


【八瀬森山荘】到着
外観は昔ながらの山小屋という雰囲気だ
画像


中の床は年数を重ね古臭さがありましたが、壁の木は比較的キレイでした。
そして毛布が沢山垂れ下がっている。
しばし休憩した後、出発。

【八瀬森】
画像


山頂から降る事20分ほど、前方からソロの登山者が歩いて来た。
こんな奥地の笹薮地帯で人と会った事に驚いた。
話すと若い登山者で昨日【大白森避難小屋】で泊まったとの事。
他に四人泊まっていたとか。

さらにその数分後、年配ソロの方とすれ違った。
画像


曲崎山への急な登り
画像


倒木帯を幾つか越えるとようやく【曲崎山】到着
画像


【曲崎山】の下りは事前情報通り笹薮な下り。
しかし、思いの外「こんなもんかと」と言う程度。ただし、雨の中だと確かに滑ると思います。
画像


降った先の所に湿原があった。
先程の若いソロ登山者に教えてもらった【水場】を探した。
画像


地図に載っていない湿原のしっかりした【水場】でした。
そのまま飲めそうにも思いましたが、コップを出すのが面倒だったので、ワタシは飲まず先へ進んだ。

山頂らしくない場所に【大沢森】があった
画像


おそらくここが【小和瀬林道分岐】
画像


特に方向を示す標識は無い。
ピンクのテープと【大白森】への標識が倒れているだけ。

【大白森】への途中はこんな藪漕ぎエリア
画像


【大白森避難小屋】到着。泊まる場所は2階のようで、5人ほどなら普通に泊まれる。
画像


早速【水場】へ向かう。
木道を戻った登山道の少し先へ降って行く。
小沢があるがコレを汲むのか?少し上流へ登ると、ありました土の壁から水が流れている。
画像


汲む場合、500mlのペットが汲みやすいかも。

さて行程はまだ2/3。 【乳頭山】方面へ
画像


やはりこの後も藪が行く手を阻む。
画像


そんな藪漕ぎも一旦はここで終了
画像


【大白森】の湿原でレインウェアを脱ぐ。
画像


【大白森】山頂標識
画像


ココからは【三ツ石山】が大きく見える


【大白森】の湿原が終わっても藪は続く・・・。来年は刈払われるのかな?
画像


とにかく足が止まるのはヒドイ泥濘が覆い尽くすから
画像


【小白森】を越え、ようやく【鶴の湯分岐】に到着。
画像


この先で二人組の年配夫婦とすれ違う。後に知るが【大白森避難小屋】へ向かうとの事。
この時間だとおそらく陽は暮れるだろう・・・。

【蟹場温泉分岐】を過ぎると急な階段登り
画像


【乳頭山】は雲の中。山荘も見えた
画像


【田代平山荘】手前もヒドイ藪がポツポツ
画像


ようやく【田代平山荘】にようやく到着。長い一日だった・・・
画像


中には男女が一組。挨拶を交わした。
トイレは・・・・・・こんなものか・・・・あるだけ有りがたい

到着から一時間。
天井がものスゴイ音を立てる。
叩きつけるような大雨だ。!
画像


本日予報からの天候の変化。ペースよく歩けたことに感謝してシュラフの中に潜り込むzzz






>>>四日目>>>




本当に天候が、山の神が味方した一日だった。明日は最終日。ポチっとお願いします↓

登山・キャンプランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

この記事へのコメント